動物も一緒に裁判の席に立たされるという奇妙な事例

動物とセックスをして裁判にかけられた男。中には死刑になる例も

一体人間と家畜のどこが違うのか!」と思った人もいたはずだ。また、牧畜民は普段から家畜の交尾を見慣れていたので、いつとはなしに獣姦も盛んに行なわれるようになったという考え方もある。しかし、欧米のキリスト教社会では、「動物は人に食べられるために神が造った」(『肉さはたニよノきてロらへつ食の思想』鯖田豊之・中公新書)ので、人間と動物との違いを厳しく峻別する事情があったようである。神と人間、そして動物が並列に並び、親愛の方法として性的関係を持つことなど許されないのである。

「牛たわけ」という語感から勝手に想像するに、日本では、西洋諸国ほど社会的禁忌も制裁も強くなかったであろう。程度であったのだろうか。それこそ「この、たわけ者ッ!」と叱声されるだけで済んだ聖書を持ち出して動物を弁護する「動物裁判」中世ヨーロッパの「動物裁判」にはおもしろい話がたくさんある。中世ヨーロッパでは動物とのセックスが発覚したらどんな人間でも極刑に処せられた。ある男とメスのロバがセックスしたので、その男が絞首刑になった。

そしてこの男のみならず、ロバもまた共犯者として裁かれることになったため、修道院関係者や市民からロバの助命嘆願が出された。「このロバは家でも外でも貞節に振る舞った」と、裁判所に署名付きの貞節証明書まで提出されたという。最終的にはロバは、「暴行の犠牲であって、自分の自由意志で関係したのではない」とされ、めでたく無罪になっている。『動物裁判』(池上俊一・講談社現代新書)によれば、動物が裁かれた動物裁判は=一世紀以降までヨーロッパ各国で、なかんずくフランスで頻繁に繰り広げられたようだ。
最近は、色んな滋賀のバラエティ豊かなデリヘルが登場して居るようです。これもインターネットの力なのか☆中でもびっくりしたのは、ラブドールを出張させる物とかあるみたいですよ。すごいです。わたしも男性のデリバリー頼もうかしら!
インターネット時代の高崎のデリヘルデータベースは、すごく便利な物になっています。だって、デリ嬢の姿かたちをホームページでチェック出来るんです。昔は電話だけ。こんな芸当は出来ませんでしたから。今は本当に良い時代です。
デリヘルが集まる五反田ではたらく女の子たちにはいろいろ複雑な事情をもった子が多いというのは悲しいことに事実なのだが、プレイ中のマナーとして私生活に踏み入った質問をするのは風俗ではNG行為なのだ。


そして職業は『慰安奉仕犬調教師』だという。調教の期間はニカ月で、まずは犬をバター好きにさせるところから始める。十分バターなに反応するようになったら、今度はマネキンの股間にバターを塗って舐めさせ、徐々に人間の形をした物に慣れさせていく。これが終了したら、いよいよ本物の人間で試すのだが、「ええ、私がやります。イチモツを股間に挟んで女性に見立てて教え込むのです。この期間が一番長いですね」という。

人体には2日もすればすぐ慣れるのだが、「下僕には下僕なりの純潔を守らせたい」という。「しょせん、犬畜生ですから、すぐに性行為に移りたがる」らしい。しかし自分の調教する慰安奉仕犬には、ご主人様とそんな関係にならないように「絶対、どんな状況になっても本番をしたがらないように教え込む」のだそうである。


新着情報
2013/09/16 Recommendを更新しました。
2013/09/12 新着記事を更新しました。
2013/09/11 アンドロズーンズを調教を更新しました。
2013/09/08 性の対象としての動物を更新しました。
2013/09/06 獣姦は汚れの罪を更新しました。
2013/09/04 動物裁判の話を更新しました。
2013/09/03 動物とセックスをして裁判にかけられた男。中には死刑になる例もを更新しました。
2013/08/31 ホームページをリニューアルしました。
Pickup Site
長身助成風俗情報風俗五番街モグモグ風俗情報
全国の風俗店に在籍している 長身女性を専門に掲載しているサイトです。首都圏の定番風俗から激安風俗はもちろん、マニアックな風俗迄完全オリジナル画像でお届けする首都圏風俗情報の決定版!